写真でたどる道埋文(どうまいぶん)の調査part1
設立当初から「道埋文(どうまいぶん)」という呼称で親しまれてきた北海道埋蔵文化財センター。次年度は設立40周年を迎えます。

今回の展示は、発足の昭和54年度から平成11年度調査までの道埋文が調査した遺跡の様子を発掘調査及び報告書作成に関わり撮影した写真を紹介します。

また、記録保存のために作成した報告書を閲覧することもできます。
ぜひご来館ください。

<展示内容>
・道埋文の歩み
・道埋文調査遺跡概観
 (新千歳空港関連の調査、旧石器時代の遺跡調査など)
・道埋文の調査後、出土資料が重要文化財登録された遺跡
 (千歳市美々4遺跡、千歳市ママチ遺跡など)

※入館無料

※写真:写真:千歳市ユカンボシC15遺跡舟敷出土状況

2018/12/01 〜 2019/02/24

9:30~16:30
北海道立埋蔵文化財センターホール
・JR大麻駅から徒歩約20分(文京台小学校隣)
・JRバス(文京台線循環新82・83)・夕鉄バス(文教通西)に乗車、「くりの木公園前」下車徒歩5分。バス停「くりの木公園前」の信号を右折し、さらに道なりに右折すると120m先に門があります。
・JRバス・夕鉄バス(江別方面行き)に乗車、「北翔大・札学院大前」下車徒歩15分 
あり
公益財団法人北海道埋蔵文化財センター (011-386-3231)
http://www.domaibun.or.jp/
大きな地図で開く