弥生窯

自分専用の窯で焼く作品は焼き加減にこだわる西村文子さんならではの感性が光ます。

四季折々の草花などを、化粧土の器に描いています。陶芸の魅力を「カタチのないところから作っていくのが面白い」と語ります。日常使いの器のほか、壷など大きな作品も手がけています。