「小森忍・河井寬次郎・濱田庄司-陶磁器研究とそれぞれの開花」展

日本近代陶芸に多大な功績を残した三人、それぞれが追及した陶芸のあり様と美の形を探り、後世に与えた影響を通して、大正から昭和にかけての日本近代陶芸の発展について紹介します。

日程2019/6/22~2019/8/25
開催時間9:30~17:00(最終入場は16:30まで)
定休日月曜日、祝日の翌日(その日が土日の時は火曜日)、年末年始
料金一般800円(600円)、高大生500円(400円)
( )内20名以上の団体。※中学生以下、身障者手帳受給者は無料。
会場江別市セラミックアートセンター
011-385-1004
アクセス・JR→JR野幌駅下車野幌駅から<JRバス乗り換え>
・JRバス→“新29”、“江92”乗車、『セラミックアートセンター前』下車
駐車場
お問い合わせ江別市セラミックアートセンター
011-385-1004
公式HPhttp://www.city.ebetsu.hokkaido.jp/site/ceramic/
備考※こちらの展示会のため、北のやきもの展示室は6月18日(火)~21日(金)は閉室となります。

~関連事業のご案内~
<講演会・作品解説会>
 「陶磁器界の三天才-小森・河井・濱田の軌跡」
【日時】 7月6日(土) 13:30~15:00
【講師】 愛知県瀬戸市美術館 館長 服部文孝氏
【会場】 江別市セラミックアートセンター研修室・展示室
【定員】 60名(事前申し込み必要)
【聴講】 無料
【申込み】 6月23日(日)から受付開始。
電話または直接セラミックアートセンターへ(9時~17時)