川越 明由美

川越 明由美 / かわごえ あゆみ

江別出身のサクソフォン奏者。北翔大学生涯学習システム学部芸術メディア学科音楽専攻を卒業。尚美ミュージックカレッジ専門学校コンセルヴァトアール ディプロマ科を修了。三岸好太郎美術館ミニリサイタルや日本財団ランチタイムコンサートなど多数の音楽会やコンサートで演奏活動を行っています。

第20回・第22回日本クラシック音楽コンクール大学の部と一般の部で入選し、平成22年度江別市より江別市青少年文化奨励賞を受賞、令和2年度札幌市民芸術祭新人音楽会で札幌市民芸術祭奨励賞を受賞するなど、多くの実績を持っています。
現在は、関東を拠点に、地元の北海道でも幅広く活動しています。

挨拶・特使としての抱負

大好きな地元を特使としてご紹介できる事を大変光栄に思います。私自身、演奏活動をしていく中で出身の江別市とはどんな所?とよく聞かれるので魅力を最大限にお伝えできるよう頑張ります!道内外でも色んな江別市を発見し、発信していけたらと思います。